若いころからまじめに勉強することは大切です

若いころからまじめに勉強することは大切です

若いころは勉強しなくても将来は問題ないとか、学校で勉強したことは社会では役に立たないなどといった意見もたくさん聞いて、一理あると思った時期が私にもありました。ですが、最近は若いころに勉強してよい学校に通うことはとても大切なことだと考えるようになりました。なぜならば、現実的な話として、高学歴な人ほど良い職業、つまり給料が高い職業に就きやすいという現実があるからです。世の中鐘じゃないとか、お金で幸せは変えないなどといった意見もしばしば聞こえます。ですが、話にはまだ続きがあります。それは、一般的には収入の高い人の母集団ほど幸せな人の割合が高くなることもわかっていることです。つまり、学校で勉強してよい成績を出して、良い学校に入ることは、最終的には幸せになれる可能性を上がることにつながると考えられるのではないでしょうか。これらを考えると、若いころからまじめに勉強していくことは自分のためにとても大切だと考えられます。