子供がいる家庭に必要な教育費は

子供がいる家庭に必要な教育費は

自分の子供が小学生ぐらいまでは教育費はそれほどかかりません。もちろん、中学受験をするような家では小学校のうちから塾に通わせることになりますし、私立中学であれば毎年それなりの金額は必要になってきます。さて、一般的には中学校に入ってから塾に通う子供は多くなりますし、高校も私立であれば費用はかかり、さらに大学進学を目指せば、もっと多くのお金が必要になります。ですから、子供にかかってくる教育費は先行投資のようなものです。金融機関などでは教育ローンという商品がありますのでこれを利用するのも良いでしょう。しかし、子供が誕生する前からコツコツとお金を蓄えておけば、あえて教育ローンを利用する必要はないでしょう。まだ子供にお金がかからない時にいかに多くのお金を蓄えることができるかどうかです。ここが今後の人生においても大きなポイントになってくるでしょう。大人の格差社会が子供の能力にも影響を与えるので、早めに教育費は貯めておきましょう。