病気・障害によって学校に行けない子供たちについて

病気・障害によって学校に行けない子供たちについて

皆さんは、重度の病気や障害によって幼稚園や学校に行けない子供たちの事を、ご存知ですか。医療的ケアがあるだけで、学校に通えない子が現代、多くおり、その子らは医療的ケア児ともいわれています。新生児医療の発達によって命はとりとめても何らかの障害や病気によって特別支援学校にさえ行けない子供たちが居ます。特に問題視されてるのが医療的ケア児の「義務教育」に対してです。どんな子でも学ぶ権利があります。ほとんどの医療的ケア児の子供たちは特別支援学校に入学しますが通学手段が無かったり医療的ケアの実施に安全性が担保がなく通えない子も居ます。学校に十分な看護師を配置できないことが多くの原因となっています。それによって登校を断念しなければいけない子が多く居る事も現実です。親が付き添わないと学校に行けないという問題もあります。重度な病気や、アレルギー症状が多かったり、さまざまな障害や病気によって家や病院から出られない子が居ます。入院してる子でも院内学級が設置されてる病院と、されてない病院があり学ぶ場がなく学習など、できない子が多く居ます。その事により学校に行きたくても行けなく叶わないこともあります。ですが訪問教育や通信教育などがあり利用してる家庭もありますが限度もあります。子供たちにとっては他の子と触れ合いたいのが当然にあります。周囲の理解と支援が必要だという事を知って下さい。

ブーランジェの可能性を開花させよう!

1人1人に合う教習プランを案内してくれます
お客様が無理なく免許取得を目指せるよう、最適なプランをご案内することができます。

最新投稿

  • 若いころからまじめに勉強することは大切です

    若いころは勉強しなくても将来は問題ないとか、学校で勉強したことは社会では役に立たないなどといった意見 …

    続きを読む...

  • 子供の教育費を借りる方法の決め方

    教育費は子供を成長させるために重要な資金として考え、安心して借りれる方法を探すと金銭計画を立てやすく …

    続きを読む...

  • 教育として学習する意欲を叩き込む

    どのような教育を施すのかというのは子供を育てていく上でかなり重要なことになってくるのは間違いないわけ …

    続きを読む...